でんしゃでGo!はじめての「Nゲージ」(鉄道模型)入門ガイド

〜 これから鉄道模型(Nゲージ)を始めたい方の入門ガイド 〜

トップ - Nゲージ入門編 - 最初に揃えるものは? - Nゲージ用の車両

【Nゲージ入門編】 Nゲージ用の車両について
各メーカーの車両同士の連結は、基本的には世界標準規格の「アーノルドカプラー」が付いているので、問題なく連結が可能です。

主に機関車に標準装備している「アーノルドカプラー」


ただし、リアルに見せるため連結間隔を狭めたり、見た目を実物の形状に近づけた「各メーカー独自のオリジナル・カプラー」(TNカプラー、KATOカプラーなど)が標準装備されている場合は、連結できないので注意が必要です。(電車など)

TNカプラー
(TOMIX・トミックス)
KATOカプラー
(KATO・カトー)


Nゲージの車両は精密な分、大変高価で新幹線や電車などの「フル編成」を揃えるには数万円かかります。
 
まず、1万円以内で購入できる「基本セット」を購入し、予算に応じて「付属セット」と「単品」などを購入して、徐々に「フル編成」にする事が可能です。


 TOMIX (トミックス) とKATO (カトー) の価格比較 
 (例: N700系新幹線 フル編成の場合)

 TOMIX (トミックス) の場合
購入例: 「N700系東海道・山陽新幹線」 ( TOMIX ・ トミックス ) のフル編成の場合
基本セット
9,300 円
増結セットA
11,800 円
増結セットB
6,300 円
増結セットC
14,000 円
フル編成
41,400円 (税抜)



 KATO (カトー) の場合
購入例: 「N700系新幹線「のぞみ」」 ( KATO ・ カトー ) のフル編成の場合
基本セット
13,000 円
増結セット (4両)
8,500 円
増結セット (8両)
14,000 円
フル編成
35,500円 (税抜)


このようにKATO (カトー) の方が5,000円ほど安く購入できます。「【Nゲージ入門編】 「おもちゃ」と「鉄道模型 (Nゲージ)」との違いとは?」の「各メーカーの「デェフォルメ」について」でご説明した通り、若干形状などが異なります。

特に新幹線の場合は連結部分の表現方法がメーカー毎に異なります。できれば現物を見て好みのメーカーを選ばれることがベストだと思います。


 TOMIX (トミックス)  KATO (カトー)
(連結部) (連結部)

(連結イメージ) (連結イメージ)

【ご注意】

「付属セット」や「単品」を後から購入しようとすると、「品切れ」になっている場合も多いのでフル編成で揃えたい方は、ご注意ください。
  
以前は、生産時期(生産ロット)によって、多少生産時期によって微妙に車両の塗装が異なって見える事もあり、先に買った「基本セット」と後日再生産された「付属セット」の車両の色合いに違和感を感じる事がありました。新製品、再生産時期に「フル編成」でまとめて購入した方が、このようなリスクがなくオススメです。

Nゲージを走らすには、「車両」の他に以下で紹介します「レール」、「パワーユニット」(制御装置)が必要です。
 (別途、「レールについて」・「パワーパック・パワーユニットについて」をご覧ください)



次のページでTOMIX (トミックス)とKATO (カトー)の基本セットについてご紹介しております。

 TOMIX (トミックス) の基本セットについて

 KATO (カトー) の基本セット (ベストセレクション)について


当サイトでは、TOMIX (トミックス)は、「予算・1万円以内」、KATO (カトー)は「予算・1万円弱」で購入後、すぐに走行可能な「基本セット」及び、「車両セット」を掲載しているので、購入の参考にしてみてください。


当サイト内の各通販サイトのバナーについて
(Amazon) (ホビーサーチ) (楽天市場) (鉄ホビ・ダイレクト)
各バナーをクリック(タップ)すると、各サイトのホームページが、別ウインドウ・タブが開きます。
バーナーがある各製品の写真をクリック(タップ)すると、各サイトの「商品紹介ページ」が開きます。
各ショップの詳細は、「【Nゲージ入門編】 実際に始めてみましょう! 〜はじめての購入ガイド〜」をご覧ください。

TOMIX (トミックス) の基本セットについて
Nゲージ総合カタログの購入方法について



inserted by FC2 system