でんしゃでGo!はじめての「Nゲージ」(鉄道模型)入門ガイド

〜 これから鉄道模型(Nゲージ)を始めたい方の入門ガイド 〜

トップ - Nゲージ入門編 - 「おもちゃ」と「鉄道模型 (Nゲージ)」との違い

【Nゲージ入門編】 「おもちゃ」と「鉄道模型 (Nゲージ)」との違いとは?

「模型・Nゲージ」(鉄道模型・プラモデルなど)は、「本物の縮小である」ということが、大前提です。



【模型】 入門用のNゲージセット(TOMIX/KATO)、スケールモデル(田宮模型)


おもちゃ」(トミカプラレールプラレール アドバンスなど)は、形や色の面白さを狙っているので、多少は「本物」とかけ離れても構わないんです。

タカラトミーモール「プラレールショップ」  タカラトミーモール「トミカショップ」
【おもちゃ】 プラレール・トミカ (タカラトミー)


「模型」(Nゲージ)は、縮小の割合(縮尺)が予め決められて作られています。

実際の「模型」(Nゲージ)や「プラモデル」、「トミカ」で見比べてみたいと思います。

【模型】 「Nゲージ」 と 「ニッサン フェアレディ Z300ZX ターボ」
左から、「タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ」(田宮模型)、「トミカ」(タカラトミー)、THEカーコレクション(トミーテック)
(写真提供: シルエイティさん)


ただし、Nゲージでは縮尺が小さいと本物をそのまま縮小するのは不可能なので省略したり、多少形状を変える(デェフォルメ)場合があります。

まずは、下の2台の「油圧パワーショベルカー」をご覧下さい。

左:「模型」 / 右:「おもちゃ」

よく見比べると・・・

  
「模型」 「おもちゃ」
WIKING (ドイツ製)
(1/160・ミニバガーショベル HR18)
トミカ (日本・タカラトミー製)
(1/76・コマツ油圧ショベル PC-45)


「模型」の方が精密に作られているわかります。

主な違いは、赤円部分のアームがすべて稼動します。また、青円部分の運転席(キャブ)の色分け、ガラスがきちんと表現されている。

このように「模型」(Nゲージ)と「おもちゃ」は、全く違うものなんです。



 各メーカーの「デェフォルメ」について

プラモデル同様に、鉄道模型 (Nゲージ)も同じ種類の車両でもメーカーによって、それぞれにデェフォルメの仕方が異なります。実際に現物を見てから、購入することをオススメします。

 (以下は、個人的主観となります)

 Nゲージ・JR貨物「EF210-100 電気機関車 (シングルアームパンタ)」の比較

(千葉機関区にて、敷地外からの撮影)

TOMIX (トミックス)製
  
9142 JR EF210-100形電気機関車(シングルアームパンタグラフ搭載車)
TOMIX (トミックス)

KATO (カトー)製
3034-3 EF210 桃太郎 シングルアームパンタグラフ
KATO (カトー)


プロトタイプは、TOMIX (トミックス)KATO (カトー)の両メーカーともJR貨物の「EF210形100番台電気機関車」となっています。

TOMIX (トミックス)は色が濃く、KATO (カトー)は色が少し薄い印象を個人的には受けました。また屋根上の表現も異なります。

また、パンタグラフの素材や、ナンバーがはめ込み・インレタなど仕様が異なっています。



 Nゲージ・国鉄「C62形蒸気機関車」の比較

KATO (カトー)製
2019-2 C62 東海道形
KATO (カトー)

マイクロエース
 A9807 C62-15 急行「ニセコ」最終牽引機
(マイクロエース)


以前、KATO (カトー)製のC62形蒸気機関車はかなりのオーバースケールでしたが、近年ファインスケールとなりました。

【リニューアル前】(旧製品) 【現行品】
2003 C62
KATO (カトー)
2019-1 C62 18
KATO (カトー)


C62形蒸気機関車は、マイクロエースが数多くモデル化していますが、若干腰高なため客車を連結すると機関車が大きく見えてしまいます。

ですが、マイクロエースは、配管に金で色入れをしてあったり、ラインナップが豊富なため、「急行ニセコのお別れ三重連」が再現できるので、ついつい買い揃えてしまいます。

     
 ・A9807 C62-15急行「ニセコ」最終牽引機
 ・A9810 C62-2函館本線・小樽築港機関区・改良品
 ・A9811 C62-3函館本線・小樽築港機関区・改良品
 ・A1574 スハ45系急行「ニセコ」C62お別れ三重連列車・9両セット


【参考】「プラモデル」と「おもちゃ」の違い (ニッサン フェアレディ Z300ZXターボ/Z32型)
  
左から、プラモデル (タミヤ 1/24 スポーツカーシリーズ)」 、おもちゃ (トミカ 1/59)、
Nゲージ用模型 (1/150 THEカーコレクション)

  
【製作ポイント】
バンパーのダクトをパテ埋めしてNA化、エンジンはコンバチから移植してNA化、配線&パイプ類他を追加、シートはフジミから本革シートとCDチェンジャー移植、あとは袖ヶ浦ナンバー、と細かい所もフル塗装してます。
(模型製作/写真提供: シルエイティさん)


当サイト内の各通販サイトのバナーについて
(Amazon) (ホビーサーチ) (楽天市場) (鉄ホビ・ダイレクト)
各バナーをクリック(タップ)すると、各サイトのホームページが、別ウインドウ・タブが開きます。
バーナーがある各製品の写真をクリック(タップ)すると、各サイトの「商品紹介ページ」が開きます。
各ショップの詳細は、「【Nゲージ入門編】 はじめて「Nゲージ」を購入するには?」をご覧ください。

そもそも、「Nゲージ」って何?
Nゲージ入門編メニュー



inserted by FC2 system