外房線の歩み   馬車鉄道から、外房線までの歴史

房総馬車鉄道
(計画)
明治21年
(1888年)
 蘇我−東金間・大網−茂原間に馬車鉄道を申請。
 茂原の偉人・板倉胤臣らが奔走するが開業まで至らなかった。
房総鉄道 明治29年
(1896年)
 土工用仮線だった千葉−寒川(本千葉)−蘇我間が営業線と
 して開業。蘇我−野田(誉田)−大網が開業。
明治30年
(1897年)
 大網−本納−茂原−岩沼(八積)−一ノ宮(上総一ノ宮)間が開業。
明治32年
(1899年)
 一ノ宮(上総一ノ宮)−太東−長者町−大原間が開業。
明治33年
(1900年)
 大網−東金間 5.8キロが開通。
房総線
(国有化)
明治40年
(1907年)
 帝国鉄道庁、総武鉄道(総武線/総武本線)と共に国有化
 (鉄道国有法)
大正2年   大原-勝浦間が開業。
昭和2年
(1927年)
 勝浦-上総興津間が開業。
房総東線 昭和4年
(1929年)
 上総興津−安房鴨川間が開業、房総西線(内房線)と接続。
外房線 昭和47年  昭和47年 「外房線」と名称変更。
茂原・長生郡地区は千葉県のほぼ中央に位置し、
茂原市は鎌倉時代に建立された藻原寺の門前町と
して栄えました。

現在は茂原駅周辺の整備が進み、外房の中核都市と
して発展しています。

毎年、県内外から多くの観光客がある日本3大七夕祭り
もばら七夕祭り」や日本の桜の名所百選に選ばれた
茂原公園」の桜など自然も多く残っています。

また、豊富な埋蔵量を誇る天然ガスと広大な旧海軍茂原
飛行場跡地を利用し、電子管工場、化学工場の誘致など
で近代工業都市という一面もあります。

JR外房線は千葉から安房鴨川までとなっており、途中
蘇我で京葉線・内房線と連絡し、さらに大網駅では東金線、
大原駅では第3セクターのいすみ鉄道と連絡しています。

当サイトでは、沿線の茂原市、大網白里町、長生村地区の
鉄道(外房)を中心としたローカルな話題等も紹介します。

【現在、このコンテンツは『リニューアル準備中』です】
inserted by FC2 system